デイサービスを経営するならフランチャイズに決まり

女の人
  1. ホーム
  2. 完了までの流れ

完了までの流れ

オフィス

仲介業者と決めていきます

会社売却を行うには、まず仲介してくれる専門業者を探します。その場合、専門会社のこれまでの実績、評判、アフターサービス、価格などを考慮しながら決定します。仲介業者が決定したら、相談を行います。会社売却への考えや課題などを話し合い、また財務内容などの会社の現状を知らせ、さまざまな選択肢を探っていきます。その次は、価値の算定、候補となりそうな企業の取捨選択のために、自社の資料を仲介業者に提出します。すると、その資料を参考に、業界の将来性や市場規模、自社の実績を考慮しながら、おおよその売却価格を割り出します。そして仲介業者が候補となる企業を選択していきます。計算した企業価値を基準に、売却希望価格を決め、候補の企業を絞っていきます。最終的に選んだいくつかの買い手の候補企業に、仲介業者が打診を行います。その場合、候補企業には会社の情報は伏せて、大まかな概要書のみによって仲介業者が打診します。それぞれの候補企業が買収のための条件を提示し、その中から条件が最も適合している候補を選択肢、その企業と基本合意契約を結びます。この契約は、売却価格やそれに費やす期間、その他細かな条件を定めた契約です。その次は、候補企業が選んだ弁護士や会計士によって財務調査などを受ける必要があります。会社売却のためのさまざまな条件を整え、譲渡契約書の締結を行います。締結後に、契約書に則って、事業や株式の譲渡に対する支払いを行い会社売却は完了します。