デイサービスを経営するならフランチャイズに決まり

男女

完了までの流れ

オフィス

会社売却には、まず専門の仲介業者に依頼します。その仲介業者との間で、自社の情報や売却希望内容などを共有します。すると、仲介業者が相応しい候補企業を選択し、その中から条件や相性などで最終的に1つの企業に絞ります。買収監査を受け、最終締結書を締結すると完了です。

需要は多いながらも難しい

老人

開業が難しい事業の一つ

デイサービスは需要こそありますが、新規で開業するのは収益的に難しい事業のひとつでもあります。開業自体は法人格を有していれば誰でも申請し、開業することができます。しかし助成金など自治体の支援を求めるのであれば、福祉法人など特殊法人の要件を有していることが条件となる場合があります。この特殊法人の取得要件は、通常の法人格と比較して時間がかかることと条件などが厳しくなっている事もあり、難しくなっているのです。更にデイサービスの経営は信頼が第一のサービスになります。つまり、認知度や信頼度が高くないと顧客が求めないのです。長期間にわたって大事な家族を預けることになりますので、病院と同様の信頼度が必要なのです。そのため、新規で開業してもしばらくの間は顧客が入りにくいのです。さらにデイサービスの経営には資金が必要になります。この資金は、介護保険料の支払いなどが数か月先になることも加味して数か月間の経営を自己資金で賄い続ける必要があるのです。立地などの場所も土地代など高額な資金が必要になります。デイサービスを開始当初から軌道に乗せて経営するにはフランチャイズを用いる方法もあります。しかしロイヤリティの支払いなど経営的に困難に陥るケースも少なくないため、経営は工夫や戦略がしっかりとしていないと難しいのも事実なのです。需要があるビジネスでありながらもデイサービス事業に参入しにくいのはこのような事情があるためなのです。

アジアでビジネスするには

ミーティング

経済発展著しく、中国、インド、アメリカに次ぐ世界第4位の人口があるインドネシアはビジネスチャンスがたくさんあります。素人が参入するにはハードルが高いので、東南アジアでの実績があるコンサルティング会社と契約を結ぶのが一番です。

POS導入で業務改善

レジスター

POSレジは、POSシステムと呼ばれる効率的な売上管理システムを導入する際に欠かせない機械です。顧客管理や勤怠管理にも使うことができ、ビジネス全体の業務改善に役立ちます。軽減税率導入とからめて機器を更新すれば、助成金の支給を受けることができます。